電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
滋賀草津の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績7,589
  • 交通事故相談実績70,994
  • 2020年06月現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談・依頼するメリット

交通事故相談を弁護士に依頼するメリット

お早めにご相談ください

一般的に、交通事故の被害に遭い怪我をした場合は、先方との交渉は弁護士に依頼すべきと言われています。もちろん、金銭的メリットも大きいのですが、多くの被害者の方がメリットを感じているのは「弁護士に依頼する安心」と、「日常生活と治療に専念できること」です。

交通事故が発生すると、加害者は被害者に損害賠償請求の義務を負います。多くの場合は、加害者の保険会社が法律上の賠償義務に従って、被害者の治療費や慰謝料などを支払います。被害者は加害者サイドの保険会社と通院日数や、慰謝料の金額、後遺障害の認定などを話し合わなければなりません。

保険会社の担当者は、弁護士ではないものの交通事故の示談交渉の経験が豊富であり、専門用語を多く使い、交渉に臨んできます。中には高圧的な態度で話をする担当者や、被害者の方にとって不利な提案をしてくる担当者もいるでしょう。このような担当者との交渉は、大きなストレスとなります。治療に専念することもできず、仕事や家庭に悪影響を及ぼすことになりかねません。

しかし、弁護士に依頼することで、保険会社との交渉は弁護士に一任でき、治療に専念できます。また、弁護士は依頼者の代理人として行動しますので、被害に遭われた方の利益を最優先して交渉にあたります。事故の交渉ストレスをほぼゼロにして、最適な解決が目指せることから、多くの被害者の方が弁護士に交渉を依頼しているのです。

交通事故慰謝料の増額

慰謝料の増額

示談交渉を弁護士に依頼するメリットの中で、特に大きいのが「慰謝料の増額」です。交通事故における慰謝料は、通院した日数や治療期間などによって決められます。弁護士に依頼しない場合は、自動車損害賠償責任保険(自賠責)基準とよばれる、もっとも低額な基準をもとに計算されます。しかし、弁護士に依頼することで裁判基準という高額な慰謝料基準が適用されますので、状況によっては倍以上の慰謝料増額が望めるのです。

また、むち打ち症の場合、保険会社は一般的に認められている6か月未満で治療の打ち切りを宣告して、治療費の支払いを拒否することがあります。しかし弁護士が交渉にあたることで、適切な治療を適切な期間受けることが可能となるのです。裁判基準の適用だけでなく、適切な治療期間を確保することによる慰謝料増額が見込めますので、「しっかり治療したい」と考えている方は弁護士に依頼するとよいでしょう。

後遺障害認定手続きのサポート

まだまだ関係ないとは思わずに、早い段階で相談することが重要!

弁護士に依頼するもうひとつのメリットが、後遺障害の認定手続きです。交通事故における後遺障害とは、事故で怪我をして適切な治療を受けたにもかかわらず症状が残ってしまい、将来の生活や仕事に支障をきたしている状態を言います。後遺障害がある場合は、後遺障害の認定手続きを行うことで、慰謝料や逸失利益の受け取りが可能です。

後遺障害と聞くと、重度の怪我のみに発生すると考えられやすいですが、いわゆるむちうち症でも後遺障害が認められるケースがあります。したがって、癒えない傷にお悩みの方は後遺障害認定を検討すべきと考えます。

しかし、後遺障害の認定手続きは、通常は保険会社の担当者が行う「事前認定」が一般的です。事前認定は手間と時間はかからないものの加害者側の担当者が行うため、被害者の方にとって最適な結果が出るとは限りません。

もちろん、被害者側が全ての書類を取りそろえて自賠責保険の保険会社に後遺障害認定手続きを行う「被害者請求」という手続きもあります。しかし、非常に煩雑な手続きが求められるため、被害者請求の手続きに慣れていない場合は、認定される確率も低くなってしまいます。

弁護士に依頼することで、後遺障害認定に必要な書類の作成や検査の手配などを一任できます。交通事故の対応経験が豊富な弁護士が対応することで、後遺障害が認定される可能性が高まります。さらに、後遺障害が認定されれば、示談金の増額にもつながります。怪我が完治することがもっとも望ましいことではありますが、万が一の時は弁護士に交渉を一任することを強くおすすめします。

滋賀県・草津市で交通事故に遭われた方へ

草津市で交通事故に遭われた方は、ベリーベスト法律事務所 滋賀草津オフィスにお任せください。
草津市は、京阪地方のベッドタウンであり、草津市内全域に大手企業が拠点を構えていることから、車での移動が欠かせません。草津市が発表している車両保有台数によると、草津市の平成30年の保有台数は7万7027台と、世帯数5万8200を上回っています。自動車の台数が多ければ交通事故も起きやすく、平成30年中に草津市内で発生した交通事故件数は、349件でした。

国道一号線や京阪バイパスなど、交通量が多い上に速度が出やすい道路が多いこと、また市街地には狭い道路も混在していること、自転車移動の学生が多いことなどから、交通事故の発生リスクは高いと言えるでしょう。

交通事故の被害に遭うと数多くの煩雑な手続きが必要になり、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。通院だけでも大変な中、保険会社との交渉や書類の作成など、やるべきことが増えてしまいます。しかも、保険会社と被害者の方が直接交渉しても、納得いく内容で示談できるとは限りません。

しかしながら、弁護士特約などを活用して私たちにお任せいただければ、厄介な交渉や書類の作成などを代行しますので、手間がかかりません。さらに慰謝料は、ご自身が直接交渉した場合よりも、ほとんどのケースで増額が期待できます。精神的にも金銭的にも弁護士に依頼するメリットは大きいと言えます。

私たちベリーベスト法律事務所の全国ネットワークの強みを生かした交通事故示談交渉は、多くのお客さまにご支持いただいております。草津市に拠点を置く、街の頼れる法律事務所でありながら、日本中で積み重ねた経験やノウハウをもとに、最新かつベストな示談交渉が可能です。さらに、交通事故専門チームも編成されていますので、集積された交渉スキルやノウハウを生かして最善の結果を目指せます。

「弁護士に依頼すると費用が高額になるのでは?」と多くの方が不安に思われます。確かに、弁護士に示談交渉を依頼すると相談料や着手金、成功報酬などの費用が必要です。

ベリーベスト法律事務所では、ご相談者さまのご負担を減らすべく、初回の法律相談の費用はいただいておりません。また、交通事故の示談交渉のご依頼については、着手金が無料です。事案の解決時に、成功報酬という形でお支払いいただいておりますので、初回にお支払いは必要ありません。成功報酬も、相手方から支払われる慰謝料や休業損害などの示談金の中からいただきますので、原則ご相談者さまの持ち出しは不要となるでしょう。

初回にご相談いただいた際に、詳しい料金のこと、費用対効果について明確に説明します。弁護士に依頼することで金銭的メリットがなくマイナスとなってしまう場合は、もちろん、ご依頼いただかなくても問題ありません。

ベリーベスト法律事務所 滋賀草津オフィスでは、交通事故の初回のご来所相談は無料です。平日の夜間や土曜日などのご相談も柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。ご希望の日時をお問い合わせいただければ、個別に対応いたします。交通事故で怪我を負ってしまった方の力になれるよう、スタッフ一同全力で対応します。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

滋賀草津オフィスの主なご相談エリア

草津市岡本町、草津市下笠町、草津市下寺町、草津市下物町、草津市笠山、草津市橋岡町、草津市駒井沢町、草津市穴村町、草津市御倉町、草津市桜ケ丘、草津市山寺町、草津市山田町、草津市志那中町、草津市志那町、草津市若草、草津市若竹町、草津市渋川、草津市上笠、草津市上寺町、草津市新堂町、草津市新浜町、草津市西渋川、草津市西草津、草津市西大路町、草津市西矢倉、草津市川原、草津市川原町、草津市草津、草津市草津町、草津市大路、草津市長束町、草津市追分、草津市追分南、草津市東草津、草津市東矢倉、草津市南笠町、草津市南笠東、草津市南山田町、草津市南草津、草津市馬場町、草津市平井、草津市平井町、草津市片岡町、草津市北山田町、草津市北大萱町、草津市木川町、草津市野村、草津市野路、草津市野路町、草津市野路東、草津市矢橋町、草津市矢倉、草津市青地町、草津市集町、草津市芦浦町、大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、日野町、竜王町、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町にお住まいの方

ページ
トップへ